2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

書籍・雑誌

3/30発売 単行本「伊藤銀次 自伝 MY LIFE, POP LIFE」で、ジュリーのアルバムについて語られています

2018年3月30日 単行本「伊藤銀次 自伝 MY LIFE, POP LIFE」が発売になりました。
目次に『Part 7 沢田研二とのレコーディング:1980-1982』とあるとおり、「G.S.I love you」、「STRIPPER」「A WONDERFUL TIME」 ザ・タイガース同窓会「1982」について、ジュリーとのエピソードだけでなく、依頼の経緯や、レコーディング時のさまざまなエピソードが10ページ以上に渡り語られています。

amazon

楽天ブックス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

伊藤銀次 自伝 MY LIFE, POP LIFE [単行本]
価格:2160円(税込、送料無料) (2018/3/13時点)

本では語られていないエピソードもあるので、ご紹介しておきます。

伊藤銀次オフィシャル・ブログ「SUNDAY GINJI」 G.S.I love you.秘話
◆「ヴァニティー・ファクトリー」

https://ameblo.jp/ginji-ito/entry-10809852414.html

◆「ジュリーの笑顔」
https://ameblo.jp/ginji-ito/entry-10951962730.html

◆「もっと過激に」
https://ameblo.jp/ginji-ito/entry-10953016667.html

◆「彼女はデリケート」
https://ameblo.jp/ginji-ito/entry-10953970463.html

◆「彼女はデリケート 後編」
https://ameblo.jp/ginji-ito/entry-10954946948.html

◆「午前3時のエレベーター」
https://ameblo.jp/ginji-ito/entry-10956964260.html

◆カフェ・ビアンカ
https://ameblo.jp/ginji-ito/entry-10970561047.html

◆「NOISE」
https://ameblo.jp/ginji-ito/entry-10971619463.html

◆「NOISE part.2」
https://ameblo.jp/ginji-ito/entry-10972713452.html

◆「I'm In Blue」
https://ameblo.jp/ginji-ito/entry-10973787761.html

◆「マリーは想い出」
https://ameblo.jp/ginji-ito/entry-10988432247.html

◆「自由に歩いて愛して」
https://ameblo.jp/ginji-ito/entry-10990796693.html

◆「I'll Be On My Way 」
https://ameblo.jp/ginji-ito/entry-10974853812.html

◆「G. S. I Love You 最終章」
https://ameblo.jp/ginji-ito/entry-11006375117.html

◆「真冬のコバトーン」
https://ameblo.jp/ginji-ito/entry-10808127210.html

 

※この記事を他のブログ・掲示板へコピペすることは、固くお断りいたします。
先方のホームページ管理者様・ブログ管理者様へ大変失礼な行為にあたります。

 

2/23発売 単行本「続・俺が叩いた。 ポンタ、80年代名盤を語る」村上“ポンタ"秀一 (著)

2018年2月23日に発売された 単行本「続・俺が叩いた。 ポンタ、80年代名盤を語る」村上“ポンタ"秀一 (著) のなかで、
第9章泉谷しげる『吠えるバラッド』沢田研二『彼は眠れない』と題して20ページほど語られています。
ジュリーとのエピソードというよりは、『彼は眠れない』レコーディング時のさまざまなエピソードですが、『今回聴き直したけど、これ、本当に名盤だと思う。』 と評されています。

amazon

楽天ブックス


余禄???
細かい事を書けば…「堕天使の羽音」のコーラスは、渡辺美里さんです(^^;

 

「KI・MA・GU・RE」のレコーディングについては、下山淳さんも語られています。
「清志ちゃん」下山淳 Diary 2009年6月7日

http://www.smileys.co.jp/sn_diary/sn_diary.cgi?action=view_diary&year=2009&month=06&day=07&mynum=146&next_page=0&list=200906

 

8/22発売 単行本「時代とフザケた男」ジュリーとのエピソードが載っています

2017年8月22日発売 単行本「時代とフザケた男〜エノケンからAKB48までを笑わせ続ける喜劇人 」著者:小松 政夫に、「ジュリーのこと」エピソードが載っています。
『ジュリーというダイヤモンド』、『再会はおでんをつまみに』の小見出しもあり、今年のお正月名古屋公演の前日に小松さんの楽屋見舞いにジュリーが来訪された話(苦手な方はご注意ください)、タイガースの頃の話、音楽劇「風狂伝'02」、五反田で飲みに行った話、音楽劇「大悪名」の話などなど…9ページに渡り載っています。

Amazon

楽天ブックス


※この記事を他のブログ・掲示板へコピペすることは、固くお断りいたします。
先方のホームページ管理者様・ブログ管理者様へ大変失礼な行為にあたります。

雑誌「女性セブン 8/3号」に「沢田研二 時の過ぎゆくままに」モノクロ1ページで載っています

2017年7月20日発売 雑誌「女性セブン 8/3号」に、「沢田研二、時の過ぎゆくままに-自虐発言、丸刈りの頭、髪が伸びてこない」の見出しで、7/16のコンサートの写真と「サムライ」(1978年当時)の写真が対比され、モノクロ1ページで載っています。

※この記事を他のブログ・掲示板へコピペすることは、固くお断りいたします。
先方のホームページ管理者様・ブログ管理者様へ大変失礼な行為にあたります。

2016年5月25日発売 単行本「高田文夫の大衆芸能図鑑 」

2016年5月25日 高田文夫著「高田文夫の大衆芸能図鑑 」が発売されました。
「週刊ポスト」の好評エッセイが単行本され、ジュリーの事が3ページに渡り書かれています。
また、岸部一徳さんのページでは、「ラジオビバリー昼ズ」出演のきっかけについて、ジュリーの事を語られています。
紀伊國屋書店新宿南店(サザンシアターの1階)に、平積みされています。

amazon

高田文夫の大衆芸能図鑑 [ 高田文夫 ]
価格:1404円(税込、送料無料)


楽天ブックス

【追記あり】3/9 雑誌「演劇ぶっく 4月号」那海さんのインタビューでジュリーのことが語られています

2015年3月9日発売 雑誌「演劇ぶっく 4月号」に、音楽劇「お嬢さんお手上げだ」に出演される那海(朝倉みかん)さんのインタビューが、カラーで1ページ載っています。
インタビューの中で、ジュリーの事やエピソードを語られています。

※他のブログへの記事の転載は、固くお断りいたします。

http://blog.livedoor.jp/enbublog-forecast/archives/51954525.html

【追記】

「演劇ぶっくの情報サイト・演劇キック」に、インタビューがアップされました。

http://blog.livedoor.jp/enbublog-forecast/archives/51956154.html

amazon

 モバイルの方はこちらから→

演劇ぶっく 2015年 04 月号 [雑誌]

楽天ブックス

【追記あり】2/26 単行本「ザ・タイガース研究論」磯前順一、黒崎浩行ほか(著) が、発売

2015年2月26日 単行本「ザ・タイガース研究論」磯前順一、黒崎浩行ほか(著) が、近代映画社から発売されました。

>>≪ファン必見!!≫ GSブームを牽引したザ・タイガースを読み解く!
>>
>>ザ・タイガースとして活動していた1967年~1971年のディスコグラフィー、
>>レコーディングや各ステージで演奏をした楽曲リスト、掲載された雑誌記事目録から
>>ユニフォームの変遷など、莫大なデータで読み解く究極の「ザ・タイガース」研究論。

>>昭和40年代日本のポピュラー音楽の
>>社会・文化史的分析

【追記】

ディスコグラフィーを始め、様々な資料、リスト、データがメインで掲載。

近代映画社からの発売なので期待していたのですが…写真集ではありませんでした。

オビは、ザ・タイガースのカラー写真入りでした。

※他のブログへの記事の転載は、固くお断りいたします。

Amazon

 モバイルの方はこちらから→ ザ・タイガース研究論

楽天ブックス

楽天HMV

ザ・タイガース研究論 / 磯前...

ザ・タイガース研究論 / 磯前...
価格:2,160円(税込、送料別)

2013年11月に発売された「ザ・タイガース 世界はボクらを待っていた (集英社新書)」磯前順一(著)は、こちらから。

Amazon

 モバイルの方はこちらから→ 

2/5発売 雑誌「週刊文春 2015年2/12号」沢田研二がライブで観客にキレた背景

2015年2月5日発売 「週刊文春 2015年2/12号」に
>>芸能 沢田研二がライブで観客にキレた背景
モノクロ半ページほど載っています。

http://shukan.bunshun.jp/articles/-/4804

※他のブログへの記事の転載は、固くお断りいたします。

Amazon

  

モバイルの方はこちらから→   

2/5発売 雑誌「女性セブン」沢田研二 「ファンに暴言」というけれど「コンサートの掟」知ってます?

2015年2月5日発売 雑誌「女性セブン 2015年2月19日号」 モノクロ見開き2ページに渡り載っています。

>>沢田研二 「ファンに暴言」というけれど「コンサートの掟」知ってます?

>> 賛否噴出の“事件”に「そもそもジュリーはこういう人」。

>>コンサートといえば、MCも含めて楽しみたいものだが、歌手とファン、双方には常に“あうんの呼吸”が求められている。MCの最中に茶々を入れたファンに「帰れ!」と一喝したジュリーの行動は、彼の“キャラ”と、それにより生まれた“タブー”を、改めてファンに突きつける結果となって、大騒ぎなのだ。

http://josei7.com/topics.html

Amazon

モバイルの方はこちらから→ 女性セブン 2015年 2/19 号 [雑誌]

※他のブログへの記事の転載は、固くお断りいたします。

12/4 文庫本「ありがとうございます」内田裕也(著)に、ジュリーのエピソードが綴られています

2014年12月4日発売された文庫本「ありがとうございます」内田裕也(著)に、ジュリーのエピソードが綴られています。
ファニーズからタイガースへのデビューの経緯や、映画「戦場のメリークリスマス」を断る経緯、コンサート「決めてやる今夜」など…8ページ。
カラーページには、名刺ほどのサイズで、安岡力也さん、ジュリー、内田裕也さんのスリーショットが収められています。

※他のブログへの記事の転載は、固くお断わりいたします。

amazon

モバイルの方はこちらから→ 

楽天ブックス

ありがとうご...

ありがとうご...
著者:内田裕也
価格:583円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

より以前の記事一覧

twitter

  • twitter 始めました…

Facebook

  • Facebook

Amazon

無料ブログはココログ